なにそれ怪しい。あやしい、アヤシイ…と、思いながら瞑想をした話

meditation

だいぶ前にNHKの『ガッテン!』を観て以来、毎日「瞑想」をやっている。

え〜。
瞑想〜?
なにそれアヤシイ〜。

と、私も思っていたのだけど実際にやってみるとなかなか良いし、特に怪しむべきことは見当たらない。少なくとも一人でやっている分には、朝のラジオ体操みたいなもので単にひとつの健康のための習慣でしかない。そして、習慣としては悪くない。お金がかかるわけでも時間がかかるわけでもないしね。

そんなわけで、いまのところ私がやっているやり方をメモとして残してみる。いちおう断っておくとこのやり方はガッテン!を観ただけの全くの素人が自分なりに試しながらやっている方法なので、根拠とかが全く無いということだけ書き添えておきます。

座って、目をつむり、手を置く

まずは、座る。
あぐらをかいてやるものだというイメージがあるけど、これは必ずしもそうでなくても良いみたい。要は自然な姿勢をとれればよいようで、私の場合はあぐらだとやっているうちに足が痛くなって気が散ってしまうので椅子にこしかけてやっている。ガッテン!でも、椅子でやっていた。最初は椅子で始めて慣れてきたらあぐらに切り替えていけばよいと考えている。ここで、「背筋を伸ばしてよい姿勢をとる」ということを言われることがあるみたいだけど、私の実感ではこの準備の時点では楽な姿勢でよいと思う。その理由は、後述。

それから目をつむる。
これは、目をつむったほうが脳に入ってくる情報を遮断できるというのが主な理由らしい。慣れてくると目を開けたままでもうまく頭を空っぽにすることはできるかもしれないけど、体感的にはそれはすこし上級者になってからのような気がする。

ここで、「手をどうする?」というのが問題になる。手はとりあえずやることがないので、文字通り手持ち無沙汰なのだ。ガッテン!では、どんな形でもよいけどお腹の前で両手を合わせて置いて楽にするという風に説明していた。組んでもよいし、掌を合わせるでも指先を合わせるでもよい。
自分で何度かやっていて気がついたけど、どうもこれは手で「ループ」を作っておいたほうが呼吸が体内を巡っていく様子をイメージしやすいとかいうことがあるのではないかと思う。私の場合はいまは両手でループを作るのではなくて左右の手それぞれの親指と人差し指の指先を合わせて、片手ごとにループを作っている。人それぞれやりやすいやり方がありそうだけど、私の場合はこれがうまくいく。

呼吸をする

ここまできたら準備完了で、ここからが本番。やることは一つで、「呼吸を意識する」ということをやる。
瞑想にもいくつかやり方があるみたいだけど、この部分はどこも共通しているらしい。呼吸すること自体が重要なのではなくて、呼吸に意識を集中させることでそれ以外のことを考えないようにするというのが目指す状態らしい。呼吸の意識も「意識している」ことには違いないから上級者になるとそれすらも意識しない状態というのがありそうだけど、まだまだそこまで達するには時間がかかりそう。

そうして意識をしながら静かに呼吸を続けていく。私の場合はこの過程で呼吸が整っていき、同時に体の姿勢もよくなって自然に背筋が伸びていく。このために、始める時にむりやり背筋を伸ばす必要をあまり感じないのだけどこれが私だけなのかみんなそうなのかはまだよく分からない。そのまま意識を集中させながら呼吸を続けていくとだんだん頭の中がスッキリしていく感覚がある。これが、瞑想の効果らしい。私も理解していなかったのだけど、「瞑想をすると頭がぼーっとしてくる」というのはよくある誤解で、実際はむしろ逆のことが起こるみたい。

だいたい3分くらいこれをやっていると一通り体や頭の中にモヤモヤしていたものが晴れる感覚があるので、そこで終わる。もっと長くやっていることも可能で、私もそうだけど時間が経つのが早く感じるという人が多いらしい。

もっとできそう?

私の場合はここまでやってスッキリしたところで終了している。朝の起き抜けの寝ぼけた状態とかはこれでほとんど解消され、昼間に眠くなったりもしないのでとても良いと感じている。ただ、やっていて思うけど、そこまでで終了させずにもっと意識を集中していけばもっと深く入り込むこともできるのだと思う。私はそこまでしか集中が保たないからそこで終わっているとも言えるかもしれない。
もっと慣れるというか腕前が上達していけばそこから先にも行けるのかもしれないけど、それはもしかするともっと「修行」っぽい世界になっていくのかもしれない。

まとめ

仕事上、生活時間が不規則になりやすい人間にとっては瞑想はとても良いツールだと感じる。安く簡単で、実用的。
これまでも眠気をコントロールするために幾つかのことをやったけどここまでわかりやすく効果が出たことはなかったので、しばらくはこれでやってみようと思う。

 

Photo on Visual hunt

コメントを残す